コンサルタント

業務改善において必要なワークフローと導入に必要なこと

人事と給与の制度設計

男の人

人事給与制度は、会社の運営にとっての基本的な事項です。現在は、給与計算に特化されている傾向がありますが、これを人員配置や組織改革などの人事戦略の策定に活用することが求められます。このため、総合的な人事給与システムの開発が必要とされます。

もっと読む

給与計算を外部委託

ウーマン

給与計算アウトソーシングと言いますのは、会社組織の経理担当者の負荷を緩和することが可能な代行サービスになります。会社組織が得ることができるメリットの非常に大きいサービスで、たくさんの会社組織で活用されています。

もっと読む

グループウェアで業務改善

婦人

業務改善に必要なこと

日頃から業務改善には取り組んでいるつもりでも、作業の無駄というものは完全に無くすことはできません。特に申請・承認に関するものについては、他の部署とのやりとりが発生することも多く、途中で書類が止まってしまったりすることで、業務が停滞してしまうことがあります。業務改善には、各担当者や部署だけではなく、会社全体がまさに一丸となって取り組む必要があるわけです。そのためワークフローシステムの導入を行う場合には、事前に各部門への根回しや綿密なコミュニケーションを取れる体制を作り上げておくことが何よりも重要になってきます。ワークフローシステムの導入による業務改善の成否はまさにこの前段階に掛かっていると言って良いでしょう。

グループウェアの活用

ワークフローシステムには、その目的に特化した業務分析・改善のシステムもありますが、中には既存のグループウェアを活用したものも数多く存在しています。ワークフローシステム導入の目的のひとつに申請・承認の流れやその他業務の自動化ということがあげられますが、グループウェアの多くはそうした機能を元々備えています。ワークフローシステムとグループウェアは、その目的や機能に共通点が多く、色々と似通っているため、実際にはその境界線は曖昧なものとなっています。グループウェアは認知度も高く、導入するにあたっては現場の人々にも比較的受け入れられやすいという点にメリットがあると言えるでしょう。まずグループウェアを導入しておいて、その後にワークフロー改善に取り組むというのも良い方法と言えるでしょう。

業務の効率化を図る

メンズ

給与計算は、コンプライアンス的にも、また社員のモチベーション維持においても重要な業務です。しかし、給与計算業務そのものは、煩雑な割に収益がない、非生産的な業務です。このため、給与計算システムを導入して給与計算業務のコスト削減をし、その余剰資源を本来業務に振り向けることができます。

もっと読む