業務の効率化を図る|業務改善において必要なワークフローと導入に必要なこと
メンズ

業務改善において必要なワークフローと導入に必要なこと

業務の効率化を図る

メンズ

面倒な給与計算業務

会社と社員の間には、労働に対して給与を支払うという労働契約により結ばれています。労働の対償として給与を支給することは、法令上も規定される当然のことで、正確な額を、定められた期日までに支給することが当たり前という、重要な業務です。また、給与に課税される所得税や住民税は、会社が源泉徴収し、税務署や自治体に納付することになっています。加えて、社会保険料や労働保険料の社員の本人負担分についても、会社が給与から控除して、社会保険事務所や健康保険組合に納付することになっています。これらの控除は法令に定められていることですので、確実な処理を行わないとコンプライアンスの観点からも問題となります。このため、労働関係法令や税法、社会保険関係法令についての知識が必要となりますし、これらの法令の改正にも、漏れなく対応する必要があるなど、給与計算は複雑な業務となっています。給与計算業務を軽減するためには給与計算システムの導入が不可欠です。給与計算システムの開発により、給与計算業務に充てていた人員を削減することができます。

給与計算業務効率化の利点

給与計算システムを導入した場合、勤怠管理データの投入作業や法令等の改正に伴うシステムのプログラムの改修などのメンテナンス作業はありますが、給与計算業務が大幅に軽減されます。基のプログラムとデータさえ正しければ、自動的に残業代の計算、社会保険などの標準報酬額を当てはめての社会保険料の算定、その他の控除額の算定などを自動的に行ってくれます。給与計算業務は、重要な業務ではありますが、正確にやって当たり前の仕事で、そこから何かを生み出すことはない、非生産的な仕事です。給与計算システムの導入により、給与計算業務を削減し、そこで生み出された余剰人員や予算を、収益を生み出す他の業務に振り向けることで、会社の業績アップが期待できます。