給与計算を外部委託|業務改善において必要なワークフローと導入に必要なこと
メンズ

業務改善において必要なワークフローと導入に必要なこと

給与計算を外部委託

ウーマン

給与計算アウトソーシングの人気の理由は、やはりコスト削減といえます。自分の会社内でタスク行なうと、実務担当者の賃金のほか、給与計算に必要不可欠なコンピュータソフトウェアの運用あるいは保守に対するコストなどが必要です。それに対して、業務委託される企業は、複数個所の会社組織から同じ業務をオーダーすることによってスケールメリットを活かし、費用を減らしています。加えて、労務に関わりのある法規、あるいは制度は毎年の様に変更されることから、担当者に対する研修費用も必要になります。その上、給与計算につきましては一カ月ごとに必須条件として生じる会社の業務ですから、仮に実務担当者が辞めることになったり、休みなどで不在の場合であっても穴をあけるわけにいきません。したがって、常時人材を待機状態にさせておく必要があります。ですから、給与計算アウトソーシングが人気になっています。

中小零細企業、あるいはスタートさせたばかりの新興企業などは、人事制度そのものが未成熟といえます。したがって、専属の実務担当者が給与計算を行っているというのは少ないです。ほとんどのケースで、総務や経理担当者、或いは会社の代表自身が別の会社の業務を担当しつつ、給与計算についても担当するというのが実際の姿です。こうした定型業務をアウトソーシングすることによって、従業員がいわゆるコア業務に傾注できます。加えて、中小零細企業や新興企業では、残業代に関しての考えが低い会社組織もたくさんあります。しかしながら、給与計算アウトソーシングを行うことは、給与データー数値、労務管理データーそのものをまとめ、給与計算アウトソーシングの企業に対して渡します。その結果、残業時間のマネージメントや、労務管理に対する考えが進歩を遂げ、残業時間削減あるいはコンプライアンス発展に結びつきます。