人事と給与の制度設計|業務改善において必要なワークフローと導入に必要なこと
メンズ

業務改善において必要なワークフローと導入に必要なこと

人事と給与の制度設計

男の人

会社を継続的に成長させるためには、優れた人材を採用し、社員が働きやすい環境を整備することが必要不可欠です。社員を採用し、労働の対償として給与を支払うことは労働契約の基本です。一方で、会社の成長を見据えた人事給与の業務は、適材適所の理念に基づく人員配置とより効率的な体制への移行を目指す組織改革といった、人事戦略的な業務が必要となります。人事給与業務を、企画的、戦略的な業務にシフトさせれば、会社の持続的な成長が期待できます。加速度的に複雑化し、多様化するビジネス環境において、これまで以上に効率的な業務執行が求められます。人事給与システムの導入により、人事給与業務の効率化を図るとともに、ITシステムを導入し、各種システムを統合し、人事戦略の策定に資する人事給与システムの開発が必要です。

給与計算システムを導入する際、最新のトレンドへの対応、豊富な機能、最新技術の活用などのキーワードに左右されがちですが、問題は自社の人事給与業務の軽減、効率化につながるかです。自社の人事給与業務に関する問題点を抽出し、この解決に資するシステムを導入することが重要です。このため、現状だけではなく、将来の成長や自社を取り巻く環境の変化を見据えた上での検討が必要になります。特定の人員に依存する業務の発生や業務内容のブラックボックス化を防ぐため、給与計算システムにおいて、業務の見える化を推進し、業務の属人性を排除することで、業務の標準化が実現できます。これと勤怠管理で把握した業務時間を組み合わせれば、人員配置の見直しや組織改革などの、人事戦略の企画立案に貢献することができます。